大間一本釣り天然鮪(まぐろ)の江戸前寿司といえば寿司孝

東京木場の江戸前寿司の老舗寿司孝のお品書き

大間の本鮪-普通の鮪とは段違いのおいしさ!-

まぐろは天然本まぐろ、穴子は江戸前の活穴子、いかはすみいか・白いか・あおりいか。
光物は寿司屋の命。小肌、新子、春子、〆鯖、鯵、秋刀魚。

白身はひらめ、マコガレイ、あら、しらかわ、まだい、金目鯛、のどぐろ、カワハギ などを熟成させ素材の味を引き出しご提供します。海老は車えび、白えび、うには北海道。

ネタは産地にこだわるこころ意気。本物の江戸前寿司を寿司孝でご堪能ください。

江戸前寿司 江戸前寿司
板さんの
おまかせ握り
ひのき(特上寿司) 3,700円(税別) ちらし かえで(特上ちらし) 3,900円(税別)
けやき(上寿司) 2,800円(税別) かりん(上ちらし) 2,900円(税別)
やくすぎ(中寿司) 2,200円(税別) かや(中ちらし) 2,300円(税別)
お好み握り 大とろ、うに、本みる貝、あわび、中とろ、赤身まぐろ、赤貝、煮はまぐり、えんがわ、赤貝、活海老、あなご、鯵、 すみいか、小柱、数の子、天然鯛、帆立、いくら、鯖、こはだ、玉子、等の旬の素材 巻物 ねぎとろ巻、とろ巻、あなきゅう巻、鉄火巻、いくら巻、梅しそ巻、納豆巻、のり巻、かっぱ巻、たくわん巻

九州の地方では、フグを「布久」と書く所もあり、これは古来よりフグの身を布で巻いて一晩寝かせてから調理をしたためと言われています。寿司孝では、一晩寝かせたフグの身をさらに伝統的な引き方「2枚引き」で提供しています。

2枚引きとはフグ刺しの1枚の身を2回に分けて開く技法で、そうすることによりポン酢が良くなじみフグの味を最大限に引き出すことができますが、同じ量の刺身を作るのに2倍の手間がかかるため、この技法の継承者は今、日本に数人しかいないと言われています。

活トラフグ画像 活トラフグコース
8,000円
(税別)
前菜、・活トラフグ・唐揚・雑炊・
お新香・甘味
(活トラフグ刺、フグ鍋)

フグ料理は3日前までにご予約くださいませ。

肴・小料理-新鮮なネタの、極上の肴-

お刺身の盛り合わせのほか、固さを選べる自家製からすみ、旬の焼物、焼きハマグリ等、毎日板前が築地で自ら仕入れる厳選素材を使った肴・小料理を多数ご用意!
四季折々の美味をお楽しみくださいませ。

肴・小料理画像

日本酒・焼酎-日本酒・焼酎、ネタに合うお酒を女将が厳選-

ネタに合うお酒を女将や板前がおすすめします。ソムリエがチョイスしたワイン・シャンパンも楽しめます。

日本酒・焼酎画像 日本酒・地酒
獺祭、船中八策、八海山、土佐鶴、日高見、楯野川 など
1合:800円~1,200円

本格焼酎(麦)
百年の孤独、中々、吉四六、赤霧島、海、吉兆宝山、大海綾紫、大海蒼々、不二才 など
1合:700円~1,200円

※1年まで無料でボトルキープできます